QuarkNet Japan

宇宙線測定・放射線測定を中高生の身近な世界に

Quarknet Japanの活動

QuarkNet Japanは国内の中学・高校と大学・研究機関によって構成された宇宙線計測・放射線計測のコラボレーションです。現在早稲田大学本庄高等学院、仙台第一高等学校、静岡北高等学校の3校に宇宙線計測器を設置し中高生主体の研究活動を進めています。本コラボレーションは中谷医工計測技術振興財団の科学教育振興助成を受けて活動しています。

宇宙線って?

宇宙には高エネルギーの放射線が飛び交っており、その一部は地球にも飛んできます。地球に飛んだ宇宙線は大気と衝突することで大量の粒子を生成し、それらは二次宇宙線として地表に降り注ぎます。実は気づいていないだけでこの宇宙線が手のひらの大きさにおよそ1秒に1つ私たちの体を通過しているのです。この宇宙線を精密に測定することでこの宇宙線が辿ってきた宇宙空間・大気・構造物の情報を引き出すことができます。

測定すると何が面白いの?

宇宙線には地表に到達するまでに通過した宇宙空間、大気、構造物等の様々な情報を持っていて、適切な方法で測定することで色んな面白い研究をすることができます。例えば火山を通過した宇宙線を測定することで火山を透視する研究や、大規模な装置群を用いて極めて高エネルギーの宇宙線を測定して現在の理論では説明できない現象を探索する研究等があります。QuarkNet Japanでの詳しい研究活動についてはこちらで紹介しています。

どうやったら参加できるの?

私たちと一緒に宇宙線・放射線に関する研究を行いませんか?Quarknet Japanでは関心を持っている学生・学校の参加を歓迎しています。また、ATLAS実験のような大規模物理実験の解析体験ワークショップ等様々なイベントも展開しています。詳しくはこちらからコンタクトをしてください。